ビーソフティンローションの保湿効果について

最近話題のビーソフティンローションは、保湿効果のあるヘパリン類似物質を含有しているヒルドイドローションの後発医薬品です。

同様にクリームタイプだと後発のビーソフティン油性クリーム、先発ではヒルドイドソフト軟膏があります。

ビーソフティンローションは少しトロみがあって、化粧水と乳液の間くらいの感覚でしょうか。

お顔につけるにはちょうどいい感じです。

保湿剤として製造されている医薬品ですので、保湿効果は言うまでもなく、皮膚疾患を持った患者さんに処方されるので、低刺激で副作用もありません。

アトビーや乾燥肌で悩まれている方に処方されることが多いです。

同様に肘や膝など体の部位に向い使用したい時はクリームタイプの方が使いやすいです。

塗ったあとのベタつきもさほど感じられませんので、お風呂上りに使用するといいですね。

ビーソフティンローションは付け心地もはさらりとしていて、お薬を塗っているという感覚からは遠く、言うなれば化粧水を付けているような感覚です。

勿論その上にメイクも可能ですし、うるおいをキープしているのでメイクの乗りも良いように感じますね。

お値段的にも健康保険がきくので、化粧水を買うよりずっとお得!?

でも、これはあくまでも処方が必要な医薬品であるという事を忘れちゃダメです。

最近、ビーソフティンローションを保湿効果の高さと使い勝手の良さから、化粧水がわりに使いたいと思っている方も多いようですが、基本的には治療の為に使われる外用薬なので、医師が診察をして必要と認めなければ処方してもらえません。

ここが疾患はないけれど毎日使いたいな、と思う場合のネックですね。

とは言え「乾燥肌で悩んでいる」と医師の診察を受けさえすれば、比較的簡単に処方して貰えますので、試してみて損はないと思います。

(大阪府 ミン

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ