「ヒルドイドクリーム」の記事一覧

ヒルドイドクリームは究極のアンチエイジングクリームと言われています。

ヒルドイドクリームは乾燥肌や肌荒れ、手荒れに皮膚科で処方される薬ですが、子供の皮膚疾患、主に乾燥によるカサカサや荒れにも小児科で処方される薬です。

子供にも処方されますので、安全性が高いお薬だろうと思っていまして、安心です。

先日、ちょっとした手術を受けまして、その傷あとがおなかに残りました。

とても小さな傷で見た目にはさほど気にならないのですが、ドクターが退院日に処方してくださいまして、毎晩、お風呂あがりに傷あとにまんべんなく塗ると、傷あとが薄くなりますよ、と言って下さいました。

この薬を塗って傷あとがなくなるというよりも、皮膚に塗ることによって、皮膚をしなやかにやわらかくし、血行促進、鬱血を取り除き、傷の治りを促進するという効果のようです。

指に少し出すとわかるのですが、クリームがとろけるようなやや半透明の乳白色です。

水っぽくて保湿効果がありそうです。

顔にも使えるそうで、顔のしわにも効果がありそうです。

一部では、「究極のアンチエイジングクリームとも言われているそうで、乳液や保湿液の代わりに使う方もいるとか、いないとか。

寒くなり、肌の乾燥が気になり始めました。

鼻の頭の皮もむけたり、カサカサざらざらです。

私もこの薬を、顔や手に惜しみなく使ってみたいと思います。




ヒルドイドクリームは乾燥肌や肌荒れにおすすめです。

ヒルドイドクリームは乾燥肌や肌荒れ、手荒れに皮膚科で処方される薬ですが、子供の皮膚疾患、主に乾燥によるカサカサや荒れにも小児科で処方される薬です。

ヒルドイドクリーム

子供にも処方されますので、安全性が高いお薬だろうと思っていまして、安心です。

先日、ちょっとした手術を受けまして、その傷あとがおなかに残りました。

とても小さな傷で見た目にはさほど気にならないのですが、ドクターが退院日にヒルドイドクリームを処方してくださいまして、毎晩、お風呂あがりに傷あとにまんべんなく塗ると、傷あとが薄くなりますよ、と言って下さいました。

ヒルドイドクリームを塗って傷あとがなくなるというよりも、皮膚に塗ることによって、皮膚をしなやかにやわらかくし、血行促進、鬱血を取り除き、傷の治りを促進するという効果のようです。

指に少し出すとわかるのですが、クリームがとろけるようなやや半透明の乳白色です。

ヒルドイドクリーム

水っぽくて保湿効果がありそうです。

顔にも使えるそうで、顔のしわにも効果がありそうです。

一部では、「究極のアンチエイジングクリームとも言われているそうで、乳液や保湿液の代わりに使う方もいるとか、いないとか。

寒くなり、肌の乾燥が気になり始めました。

鼻の頭の皮もむけたり、カサカサざらざらです。

私もこの薬を、顔や手に惜しみなく使ってみたいと思います。

ヒルドイドクリームは処方箋薬なので、ドラッグストアーなどで買うことはできませんが、海外からの個人輸入なら海外製のヒルドイドクリームが購入することができます。

色がちょっと違いますが、、、

>>ヒルドイドクリームの販売サイトはこちら




口の周りが粉っぽくなるのでヒルドイドクリームを保湿に使っています。

私は何を使っても乾燥が酷く、口の周りが粉っぽくなるのが悩みでした。

うわさを聞き、ヒルドイドが使いたくて、皮膚科で処方して頂き使用しています。

ヒルドイドは皮膚の中から保湿してくれるらしく、乾燥が酷い冬場はその上からヴァセリンを塗っています。

ヴァセリンは表面を保湿するらしいです。

いつもは化粧水→ヒルドイド→日焼け止め下地→ファンデーションという順で使用しています。

丸一日はさすがにもたないので、かばんに1本ヒルドイドを入れています。

昼過ぎくらいに顔がつっぱってきたら、化粧の上から塗るようにしています。

塗るとつっぱり感がなくなり、しっとりし、粉っぽさも一気になくなります。

塗りすぎるとよれてしまう時があるので少量をのばすように塗っていきます。

唇の保湿にもなりますので口周りは必須です。

お風呂上りと朝の化粧時と昼過ぎに化粧の上からと、一日3度は塗っています。

今まで簡単なのでオールインワンの保湿などを使用していました。

それはそれで良いものもありましたが、それに比べてもヒルドイドは保湿がとても優れていると感じました。

1本200円程とリーズナブルで高級化粧品を使用するよりも効果がありました。

子どもの顔が乾燥してるときにも使用します。子どもの肌は少し塗るだけでとてもみずみずしく潤います。

色々と試した結果、ヒルドイドが一番効果があるので使用して2年程になりますが、これからも使用し続けようと思います。

乾燥肌が悩みの人にはお勧めしたいと思います。

(大阪府 ちーさんさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ